お知らせ

「おやつの役割」”子育てランド(1月)”より

保育園の「3時のおやつ」にはどんな役割があるか知っていますか?一つ目に、「栄養を補う食事」の役割があります。子どもは大人に比べ体が小さいため、1回の食事では栄養を摂りきれないため、おやつで足りない分を補う必要があります。出来るだけ素材の味を活かした、約150~200Kcalくらいのものが目安です。例えば、さつまいもやじゃがいもを使ったおやつや、おにぎりなどの軽い食事のようなものなどが良いとされています。

市販のお菓子は添加物や砂糖が多いものや塩分の高いものもあるため注意が必要です。

二つ目は、「楽しみ」としての役割です。誰かと一緒に食べたり、親子で一緒に手作りできたら、楽しくおいしいおやつになります。

【簡単・手作りおやつレシピ】

じゃがまるくん 材料(2人分)じゃがいも1~2個、片栗粉、塩、しょうゆ ①じゃがいもの皮をむき、ふかして潰します。②片栗粉・塩少々を混ぜ丸めます。③しょうゆを塗ってフライパンで焼いたら完成です。

    (YMCAあつぎ保育園ホサナ 栄養士 伊藤沙世)

YMCAニュース2019年1月号 子育てランドより