お知らせ

「子どもの気づき大切に」”子育てランド(9月)”より

 先日、保育園の芝生で草取りをしていたところ、子どもたちが「何取ってるの?」とやって来たので、どんな草を取っているか、なぜ取っているのかを話すと、すぐにその子たちも一緒に草取りをしてくれました。

 「これも取っていいの?」と抜く草を確認しにくる子や、土の付いた根が抜けると「わぁ-!これなに-?」と興味津々であったり、たくさん抜けた草を集めることを楽しんだりしている子どもたちの姿は、大人にとっては「作業」になることでも、子どもたちは「遊び」に変えて楽しめるものだということを示しています。

 子どもの新鮮な驚きや発見と感動は、さらなる「やってみたい」や新たな「なんでだろう」につながり、周りのことへの興味を広げ、意欲を高めます。

 ご家庭でも大人がしていること(作業)に子どもが興味をもって近づいて来た時に、子どもの「知りたい」「やってみたい」の気持ちを大切にして、一緒に楽しみながらできるとよいですね。

YMCAいずみ保育園 主任保育士  島田 真理)

YMCAニュース2018年9月号 子育てランドより