お知らせ

「涼を楽しんで」”子育てランド(9月)”より

9月は、まだまだ残暑が厳し時期ですね。

保育園では、夏の感触遊びとして氷を使った遊びをよく取り入れます。

牛乳パックで作った大きな氷を触ってみたり、食紅を使ってさまざまな色の氷を作って、それを使って遊んだりしています。

氷が溶けて、色が混ざり合う様子を見るのもきれいで面白いです。「冷たぁい!」「見て見て、こんな風になったよ」と子どもたちは気付いたり、見つけた発見をうれしそうに、誇らしげに教えてくれるでしょう。

散歩の途中で見つけた花を水に沈めて凍らせるのもよいでしょう。そのために、花を見つけるのが散歩に行く楽しみの理由のひとつになったり、花の氷漬けは見た目も涼やかで大人も楽しめると思います。

氷を作る容器は、どんなものが良いか、子どもと一緒に考えたり、試したりしながら、氷の冷たさを感じて、涼を楽しんでみたらいかがでしょうか?

 

(YMCAかわさき保育園 主任保育士 後藤)

YMCAニュース2020年9月号 子育てランドより