お知らせ

「新じゃが・新たま」”子育てランド(4月)”より

春風の心地よい季節になりました。長い冬を抜けて暖かくなる春は、この時しか食べられない野菜が多くあります。今回はその中から二種類紹介します。

新じゃが、新たまなどよく耳にしますが、どちらも収穫直後のじゃがいも、玉ねぎのことを言います。

新じゃがは特徴として、ビタミンCの含有量が通常のじゃがいもの約4倍も含まれています。また、水分を多く含むため、皮が薄くやわらかいことから皮ごとの調理に向いています。しかし、芽にはソラニンという毒素が含まれるので注意が必要です。

新たまの栄養価は、通常の玉ねぎと比べても大きな違いはありませんが、水分が多くてやわらかく、辛みがマイルドになるためサラダなどにして生で食べるのがおすすめです。酢と合わせると血液サラサラ効果が期待できます。

春を感じられる野菜、どちらもみずみずしく貯蔵性には欠けるのではやめにたべるようにしてくださいね。

(YMCAつるみ保育園 栄養士 岡村)

YMCAニュース2020年4月号 子育てランドより