お知らせ

「遊びは学び」”子育てランド(3月)”より

暖かい日が増えて、春の気配を感じるようになりました。思い返すと1年前、保育者を求めて泣いていた子どもたちも、今ではすっかり保育者から離れ、一人遊びをしたり、友だちと楽しく遊んでいます。乳児のうちは、保育者がそばにいることで安心して遊べたり、じっくりと一人遊びをする姿があります。1年前に比べて、こんな遊び方をするようになったんだ…と、感心させられることもありますが、それは年上の子たちの遊びを模倣しているからです。じっと周りを見ていた時期がありましたが、ただ見ていたのではなく、しっかりと観察をしていたのですね。

子どもは観察から始まり「やってみよう」と模倣し、一人遊びをしながら同じ空間にも同じような遊びをしている友だちに気付き、ニコッと笑い合って「なんだか友だちと一緒にいるのが楽しい」と感じて、友だちのことが好きになっていきます。遊びを通して楽しいと感じたり、意欲的、主体的に過ごしながら心も体も成長してほしいと思います。

(YMCA東とつか保育園 保育士 時田)

YMCAニュース2020年1月号 子育てランドより