お知らせ

「免疫力をあげよう」”子育てランド(1月)”より

寒さが厳しくなり、風邪やインフルエンザが流行る季節になりました。ウイルス等の感染予防には、手洗い、うがい、マスクの着用などが大切ですが、ウイルスに対して自分の免疫力を高めることも大切です。

風邪を予防する栄養素は、丈夫な体を作り、病気やけがに対する抵抗力や治癒力を高める働きをするたんぱく質で、主に肉や魚、卵、大豆などに多く含まれます。

寒さからのストレスに効くのはビタミンCです。免疫力を高め、回復を早めてくれます。みかんやいちご、キウイ、小松菜、ブロッコリーなどに多く含まれます。のどや鼻の粘膜を正常に保つ、ビタミンAも大切です。粘膜が弱くなると、風邪をひきやすくなります。チーズやレバー、人参、ほうれん草、かぼちゃに多く含まれます。

また、「笑う門には福来る」という言葉の通り、笑いは免疫力を上げる効果があるそうです。

体の芯から温まる食事でしっかり栄養をとり、たくさん笑って元気に冬をのりきりましょう。

(YMCAとつか保育園 栄養士 岩本)

YMCAニュース2020年1月号 子育てランドより