お知らせ

「心が動く時大切に」”子育てランド(3月)”より

今、アクティブラーニングが注目を集めています。このアクティブラーニングは子どもたちが遊びや活動を通して、自分で気が付いて、自分で学ぶことを大切にすることで、今まで保育園でもっとも大切にしてきたことです。

YMCAつるみ保育園では、定期的に水や土、布や紙などさまざまな材料や自然なものを使い造形遊びを行っています。1月に行われた果物の皮を使った活動では、「わぁ、いいにおい」とみんな目を輝かせていました。感触やにおい、音など五感を使った活動は、「不思議」「おもしろい」子どもたちの計り知れない想像力をかき立てます。布をちぎる活動では「なんでビリビリっていうの?みんなに声があるように布にも声があるんだね。」という素直な声も聞かれました。大人が促したり、声を掛けたりするのではなく、子どもが自然に心を動かされ、自分から触れたり、見たりすることで、初めて気が付き、学べることも多いのです。

子どもの心が動く瞬間を見逃さないで、共感していきたいですね。

(YMCAつるみ保育園ホサナ 副主任 中瀬竜太)

YMCAニュース2019年3月号 子育てランドより