お知らせ

「肌の保清と保湿を」”子育てランド(2月)”より

寒さがさらに厳しくなる今日この頃。気温や湿度の低下とともに、園でも皮膚が乾燥し、かゆがる子どもが増えています。子どもの皮膚は大人に比べて状態が良いと思われがちですが、実は皮脂分泌が少なく、バリア機能が弱い状態です。特に空気が乾燥する冬は、スキンケアで補ってあげることがとても大切です。

大人に比べて敏感な子どもの肌の基本的なスキンケアは一年中、また大人も子どもも一緒で「保清と保湿」が大切。汗や汚れをきれいに洗った後、しっかり保湿してあげましょう。お風呂上がり、大人と一緒にお子さんにも軽くマッサージしながら塗ってあげると、スキンシップをとる良い機会になります。

最近では、新生児の早い時期から全身に保湿剤を塗ることで、アトピー性皮膚炎になるリスクを3割減らすことができたという報告もあります。

湿疹などの肌トラブルがある時は受診し、保湿剤の使用については医師の指示に従いましょう。

(YMCA東とつか保育園ホサナ 看護師小泉景子)

YMCAニュース2019年2月号 子育てランドより