お知らせ

「食事を共にする時間」”子育てランド(7月)”より

スーパーマーケットやコンビニエンスストア等で、いつでもどこでも容易に食べ物が手に入る便利な時代です。このような飽食な時代でありながら、決して豊かな食生活を送っているとはいえない現状があります。

 「こ食」という言葉を聞いたことがありますか?孤食・子食・固食・濃食など「こ」の部分にはさまざまな漢字があてはまります。なかでも孤食・子食は、子ども一人きりで食事をすることを表します。共働きや習い事、塾などさまざまな要素でこの孤食・子食が増えています。大人でもいつも一人きりでごはんを食べていたら、どんなにおいしい料理も味気ない食事になってしまう気がします。誰かと一緒に食卓を囲むことは食べ物の美味しさを知るだけでなく、コミュニケーション能力を育みマナーや気遣いを身に付けることが出来ます。食事は大切なだんらんの時間です。

休みの日等ゆっくりと子どもの様子を見たり話を聞いたりする時間を過ごしてお腹も心も満たせると良いですね。

YMCAかわさき保育園 栄養士  三浦あずさ)

YMCAニュース2018年7月号 子育てランドより